2019-07-25

要注意!ウェディングドレスを持ち込む場合のメリットとデメリット

ウェディングドレスを持ち込む場合のメリットとデメリット

名古屋市東区代官町のウエディングドレスショップ「サロンドクチュールナカムラ」です。
この度はご結婚おめでとうございます。

結婚式といえば「ウェディングドレス」!
どのショップにも、素敵なドレスがたくさん並んでいることでしょう。

しかし式場提携のドレスショップでお気に入りのウェディングドレスが見つからなかった場合は、提携外のお店を検討することになります。

提携のドレスショップでも提携外でもドレスに違いはないのですが、提携していないお店を利用する「持ち込み」には注意点もあります。

持ち込みのお手伝いもさせていただいているドレスショップだからこそわかるメリット・デメリット、実際のスケジュール例をまとめました。

持ち込みのメリット

持ち込みをするメリットは、なんといっても「無限の選択肢からウェディングドレスを選べる」ということです。

もちろん提携のドレスショップでお気に入りのドレスに出会う方もたくさんいらっしゃいますが、選べるお店が決まっているため、どうしても種類には限界があります。
提携ショップにこだわらなければ、運命の一着に出会えるまで探すことができるというわけです。

また「スタッフさんとの相性がよくなくて、小物の相談やサイズ合わせなどがスムーズに進まなくなった」というケースもあります。
持ち込みの場合はお店も自由に選べるということですから、何でも相談できる相性のいいスタッフに出会える可能性も広がるのです。

持ち込みのデメリット

式場提携のドレスショップを使わないことよるデメリットもあります。
1点目は多くの式場で5~10万円の「持ち込み料」がかかること。
2点目はドレスの搬入・管理・返却をすべて新郎新婦自身が確認しなければいけなくなることです。

注意点

デメリットによるリスクの発生を少しでも軽減するため、持ち込みを検討する際は以下の点に気を付けてください。

持ち込みの可否

そもそも、提携のドレスショップ以外でのレンタルを全面禁止にしている式場もあります。
先に提携外のドレスショップと契約してしまうとトラブルになることがあるので、必ず事前に確認しておくようにしましょう。

持ち込み料金の要否とその内訳

持ち込み料5万円と聞いていたけど、前日搬入の場合は保管料も発生した!
そんなケースもあります。
持ち込み料には何が含まれるのか、さらにオプション料金が発生するのかどうかをきちんと確認してください。

保管場所の有無

式場とドレスショップが近い場合は当日に搬入してもらえることが多いですが、場合によっては前日に持ち込みたいこともあるでしょう。
式場に前日保管できる場所がない場合は、ホテルの部屋を借りておくなど場所の確保が必要になります。
直前に慌てないよう、前もって確認しておきましょう。

ドレスのメンテナンス

持ち込んだドレスがシワになっていたり、破損していたりしたら……?
そんな事態も想定しておく必要があります。
事前に依頼しておけば、式場にアイロン(プレス)を頼める場合もありますので事前に式場と相談しておきましょう。※プレスは有料のこともあります。

着付け・ヘアメイクの段取り

ヘアメイクの方が衣装を実際に見るのは当日、というケースもあり得ます。
似合わないヘアメイクではドレスが台なしですので、打ち合わせは入念にしておきましょう。
ドレスだけでなく、小物についても詳しく説明しておくとスムーズです。

どうしてドレスの持ち込みは有料なの?

わざわざこちらから持ち込むのに、どうしてさらにお金を支払わないといけないのでしょうか?

実は、ドレスに限らず、装花・ブーケ、ウェディングケーキ、引出物、ヘアメイクスタッフ、カメラ・映像スタッフ、司会者など、式場と提携していない業者・サービスを利用する際は「持ち込み料」が必要となる場合が多いのです。

その理由は、式場が各業者と業務提携しているから。
ドレスの場合なら、提携のドレスショップは保証金(契約金)のほか、ドレス成約時に紹介手数料を式場に支払う仕組みです。
お客様が提携外のお店を利用すると紹介料が入らないため、それを補填するために式場は「持ち込み料」を設けています。

提携システムには、提携ショップの経営安定、式場をよく知るお店であるがゆえのスムーズな段取り、式場がフォローしきれないトラブルの回避など、メリットもあります。
お客様を縛るシステムなので改善の余地はありますが、式場も紹介料収入を前提に経営していますので、無料ですべて持ち込みOKとは言えないのが現実なのです。

結婚式当日のスケジュール例

結婚式当日のスケジュール

当店は名古屋のドレスショップですが、東海三県(愛知・岐阜・三重)であれば一部地域を除き当日に搬入させていただいています。
ブライズルームまでお届けしてドレスをセッティングし、小物類などを揃えるところまで行いますが、立ち入り不可の式場の場合は式場スタッフに渡してあとはお任せします。
そして着用後のドレスはそのまま式場に保管しておいてもらい、翌日または翌々日に搬出に伺うというスケジュールです。
あくまで当店の例ですが、多くのドレスショップはこのような流れでしょう。
もちろん、結婚式の場所によっては宅配便やご自身で運搬していただくこともあります。

まとめ

ドレスの持ち込みには注意点も多いです。
しかし、花嫁様が本当に気に入ったドレスで結婚式の日を迎えていただくことが、提携・提携外に限らずドレスショップの願いです。
まずは式場に相談しましょう。
持ち込みとなった場合は、ドレスショップも全力でバックアップいたします。

関連記事
お問合せ