2019-08-19

持ち込み料は当店が負担!名古屋のウェディングドレス専門店サロンドクチュールナカムラ

 

名古屋市東区代官町のウエディングドレスショップ「サロンドクチュールナカムラ」です。
この度はご結婚おめでとうございます。

女性にとって大切な「ウェディングドレス」。
お気に入りの1着を探すのは結婚式準備の大きな楽しみですね。

ドレスを選んで、式場の装飾を決めて、演出やお料理…とこだわりたいところは山ほどありますが、お値段も気になるところ。

しかも、式場から指定されたショップ以外でドレスをレンタルすると別途「持ち込み料」がかかることもあります。

「持ち込み料って何?」
「どうして払わないといけないの?」

ここでは、ドレスの持ち込み料について、そして弊社が持ち込み料を負担している理由についてお話しいたします。

持ち込み料とは

多くの結婚式場では、式場提携のドレスショップ以外でドレスをレンタル・購入する場合に料金が発生します。
これを一般的に言われる「持ち込み料」で、「保管料」という費目になっている式場が多いです。

持ち込み料の相場

ウェディングドレス1着で、5~10万円程度が相場です。
点数にかかわらず一律料金の式場と、1点いくらという料金設定の式場があります。また、前日に搬入する場合はさらに追加の保管料金が発生することもあります。

どうして持ち込み料が必要なの?

式場に負担をかけるわけでもないのに、なぜ持ち込み料がかかるのでしょう?
提携のドレスショップに縛り付けるための横暴だ!と、思うかもしれません。

そういう一面があることは否定できませんが、式場や提携のドレスショップにも事情がありますし、デメリットばかりではありません。

持ち込み料の仕組み

式場とドレスショップが提携する際、ショップは式場に保証金(契約金)を支払います。そして、ドレス成約ごとに紹介手数料を式場に支払います。
つまり、提携のドレスショップ以外でドレスを手配されてしまうと、式場は手数料収入がなくなってしまうのです。
その分を補填するために「持ち込み料」という仕組みがあります。

持ち込み料制のメリット

「えっ?どうしてそんな式場のシステムに踊らされなきゃいけないの?」と思うかもしれません。

しかし、この提携システムがあることで提携ドレスショップは経営が安定しますし、新郎新婦はドレスショップを一から探す手間がなくなります。式場をよく知るドレスショップであるため段取りもスムーズで、式場がフォローしきれないトラブルが発生するリスクを軽減できるという側面もあります。

また、式場は紹介料収入を前提に結婚式のプラン料金を設定していることが多いため、持ち込み料をゼロにすると収支の計画も狂ってしまうのです。

弊社が持ち込み料を負担する理由

提携ドレスショップで思い描いていたドレスに巡り合えなくても、持ち込み料がネックで迷われる方も多いと思います。

女性の夢とも言われるウェディングドレス。
弊社としては、運命の一着だと言い切れるドレスを選んでいただきたいのです。

「持ち込み料」が理由で諦めるのはあまりにももったいない。そこで弊社では、衣装代金から持ち込み料相当を割引きしてご提案しております。

これはおそらく、他のドレスショップも同じ気持ちでしょう。
そのため、多くのドレスショップでは自店と提携していない式場への「持ち込み料」を負担、または一部割引きしています。

提携ショップ・提携外ショップに関係なく、花嫁様に「本当に気に入ったドレス」で結婚式の日を迎えていただきたいのです。

提携外のドレスショップに行く前に確認しておきたいこと

提携のドレスショップで借りなければならないわけではないことはご理解いただけたことと思います。
ですが、いきなり提携外のショップに行くよりも、まずは提携のドレスショップの情報を整理されることをオススメします。

持ち込み料

そもそも持ち込み自体が不可のケースもありますので、

  • ドレスの持ち込みは可能か
  • 持ち込む場合、持ち込み料金は必要か
  • 持ち込み料金はいくらか

を確認しましょう。
持ち込み料金が設定されている場合、その詳細な料金体系も聞いておいてください。

追加料金

「提携ドレスショップで『いいな』と思ったドレスには追加料金が必要だった」
「小物(アクセサリー・ティアラなど)は1点ごとに追加料金が必要だった」
など、提携のショップであっても追加料金が発生するケースが少なくありません。

  • 提携のドレスショップで気に入ったドレス、小物を揃える場合の追加料金
  • 提携外のドレスショップで手配する場合の持ち込み料金

いずれが高額になるか、正確に把握することが肝心です。

特に、小物の追加料金は見逃しがちです。
「小物の料金はドレスレンタル料金に含まれます」と言われた場合でも、追加料金なしで借りることができる小物に種類がないことが多いため、必ず確認してくださいね。

キャンセル料金

どうしようかな……と迷っていると、「人気のドレスだから、とりあえず仮予約しておいたほうがいいですよ」と言われるかもしれません。
仮予約と言われるとキャンセル料金はかからないと思ってしまいがちですが、実はそうとも限らないのです。

提携のドレスショップで予約する場合は、仮予約かどうかにかかわらずキャンセル料金の規約を確認しておきましょう。

クリーニング料金

レンタル料金にクリーニング代が含まれていることが多いですが、一部別になっているショップもあります。
こちらもきちんと確認しましょう。

見積もり

提携のドレスショップで気に入ったドレスがなくてもそのまま帰らず、そのなかで最もいいなと思ったドレス・小物の組み合わせで見積もりをもらうようにしてください。
提携外のショップが割引等を検討する場合の重要な情報になります。

またその際、合計額だけでなく何がいくらなのかわかるよう明細を出してもらいましょう。
クリーニング代など記載外の別途料金が発生しないかどうかも聞いておくと安心です。

提携外のドレスショップで確認すること

提携外のドレスショップであっても、追加料金やクリーニング代の確認は必要です。
提携のドレスショップと同様に正確な見積もりを作ってもらい、比較検討できるようにします。

持ち込み料金の負担・一部割引についても遠慮なく質問して構いません。
「お得なプランを契約された場合は持ち込み料負担対象外」といった条件を設定しているショップもありますので、疑問点が残らないよう気になることは何でも確認してください。

結びとして

「持ち込み料」が、ウェディングドレス探しの障害であってはいけない。

弊社ではそんな思いから、提携のドレスショップのお見積りをご持参いただければその金額よりも必ずお安くご案内するようにしています。

ご成約者様には小物やブライダルインナーの無料レンタル特典もご用意していますので、お気軽にお問い合わせください(一部の小物は有料)。
また、新郎様のタキシードのデザインにもご好評いただいております。

あなたの運命の1着を見つけるお手伝いができれば光栄です。

関連記事
お問合せ