2019-07-25

持ち込み?提携のドレスショップ?後悔しないウェディングドレスの選び方

ウェディングドレス

名古屋市東区代官町のウエディングドレスショップ「サロンドクチュールナカムラ」です。
この度はご結婚おめでとうございます。

結婚式は日取りや式場選びから始まり、ゲスト、料理、引き出物、写真、小物、プログラム、演出と決めないといけないことがたくさんありますが、中でも女性にとって一番大事なポイントは「ウェディングドレス選び」ではないでしょうか。

式場からはウェディングドレスは提携ショップで選ぶよう勧められますが、そこではお気に入りの1着が見つからない場合もあります。

提携のドレスショップから選ぶのがいいのか。それとも持ち込み料を支払ってでも気に入ったドレスを扱っている他のレンタルショップを利用するのがいいのか。

ドレスショップだからこそわかるそれぞれのメリット・デメリットを、今までご相談いただいた先輩花嫁さまの意見を元にまとめました。

好きなウェディングドレスを選べない!? 提携ショップとは

好きなウェディングドレスを選べない!? 提携ショップとは

提携ショップとは、結婚式場が指定するドレスショップのことです。

「業務提携」しているだけあって、提携ショップでドレスをレンタルするとたくさんのメリットがあります。

  • 割引プラン(すべてコミコミプラン)がある
  • スタッフが式場のことに詳しい
  • ドレスショップを探したり手配したりする必要がない
  • ドレスの搬入の心配がない
  • 当日何かあったときにすぐに対応してくれる

など、すべてお任せできることがメリットです。
しかし一方で、提携のドレスショップでは納得できなかったという声も少なくありません。

提携ショップだと後悔しそう!? 先輩花嫁の声

提携ショップだと後悔しそう!? 先輩花嫁の声

実際に当ショップにいらっしゃった先輩花嫁さまから、なぜ提携のドレスショップではなく当ショップへ来ようと思われたのかをお聞きしました。

「思ったようなデザインがなかったので、他のドレスショップでレンタルしたいと最初は思っていたのですが、招待状やスピーチのお願いなど他に決めないといけないことが多くてだんだん疲れてしまい、提携のドレスショップで妥協することにしました。でも、やっぱり納得できなくて…」

「あまりお金をかけることができないので最初は提携のドレスショップで選ぶつもりでした。気に入ったものはどれも追加料金がかかるものだったのですが、『一生に一度だから』と追加料金を払うことにしたんです。でも、それなら他のドレスショップでレンタルしたほうが本当に気に入ったものを選べて安くなるかも!と思って。ウェディングプランナーさんに言うのはちょっと勇気がいったんですけど、快くOKしてくれました。」

「みんな提携のドレスショップで借りるものだと思っていました。でも私の好きなデザインではないものばかりを勧められ、困惑していたらスタッフの方が気分を害されたようで、全然相談にのってもらえませんでした。そこでしか借りられないと思っていたのでそのときは我慢したのですが、家に帰ってネットで調べると持ち込みという方法もあると知って、ここに来ました。」

「試着をする度に髪をアップにしてくださったり、写真を撮ってくださったりと協力的で、楽しく過ごすことができました。でも、その後3回ほど通ったのになかなか決められなくて…。決め手に欠けるってことでもあるし、スタッフさんが親切なだけに、なんか、行きづらくなってしまったんです。」

すべての提携ショップがそうではないのですが、追加料金なしで借りられるドレスのバリエーションが少ないお店も残念ながら存在します。
また、人間同士ですからスタッフさんとの相性がどうしても合わないということもあるようですね。

要確認!チェック項目

提携のドレスショップを利用するとお任せできることが多いですし、式場の方にも提携ショップの利用を勧められると思うのですが、「提携以外のドレスショップでレンタルする場合」も想定して、先に以下のことを確認しておきましょう。

  • 提携のドレスショップは何店舗あるのか?
  • 追加料金がかかるドレスもあるのか?
  • 提携ショップで小物(ティアラ・パニエ)も借りられるのか?
  • ドレスの持ち込みはOKなのか?(料金、着付けやヘアメイク依頼の可否)

提携のドレスショップで選ぶ予定にするとしても、「いざというときに他でも選べる」状態にしておくのがオススメです。

割高で面倒なことが多い!? 「持ち込み」とは

割高で面倒なことが多い!? 「持ち込み」とは
式場によっては、提携以外のドレスショップでのレンタルを禁止しているところもありますが、「持ち込み料」を支払えば持ち込み可能な式場もあります。

「持ち込み」のメリットは、なんといっても好きなデザイン、好きなブランドのドレスを選べることです!

せっかくの結婚式、世界で一番幸せな笑顔をとっておきのドレスで残したいですよね。

しかし、提携のドレスショップのような手軽さのない持ち込みにはデメリットもあります。
他のショップを経て当ショップに来られた方の声をご紹介しましょう。

持ち込みだと後悔しそう!? 先輩花嫁の声

「すごく気になるウェディングドレスがあったので行ってみたけど、あまりにも高くて。持ち込み料も考えると完全に予算オーバーでした。」
「ウェディングドレスは式場まで届けてくれるのでいいなと思ったんですが、基本のレンタル料金だとそこで返却しないといけないと言われて。二次会でも着たかったので諦めました。」
「心配性なのでドレスや小物が間違いなく全部届くのか、細かく確認したのですが、『大丈夫』と言われるだけでなんとなく安心できなくて。もっと寄り添ってフォローしてくれるお店がいいなと思いました。」

「持ち込み」に関しては、式場とドレスショップの間に常に自分が入らないといけないので、不安がぬぐい切れないことがあるようですね。

要確認!チェック項目

  • レンタル代金
  • 小物(ティアラ・パニエ)などのレンタル可否
  • ドレスの着方を丁寧に教えてくれるか(スタイリストさんに伝えるため)
  • 搬入・返却の方法とスケジュール
  • 二次会や前撮りでの追加料金や割引

「持ち込み」の場合は打ち合わせをすべて自分で行わないといけないので、確認項目はピックアップしておくと安心です。

後悔なくウェディングドレスを選ぶコツ

後悔なくウェディングドレスを選ぶコツ

「提携のドレスショップ」でも「持ち込み」でもメリット・デメリットがあることはおわかりいただけたと思います。
でも大切なのは、「提携のドレスショップか持ち込みか」ではなく、本当に気に入ったウェディングドレスで挙式の日を迎えられることですよね。
後悔なくドレスを選ぶためのポイントをお教えします。

追加料金や割引料金の体系を事前に確認すること

提携のドレスショップ利用でも、選ぶドレスによっては追加料金がかかる場合があります。
持ち込み料によっては、提携のドレスショップ以外で借りるほうが安くなる場合もありますよ。
また、ドレスショップによっては持ち込み料の一部・全額を割引(負担)してくれることもありますので、気になるお店があれば遠慮なく問い合わせてみましょう。

  • 【式場に確認】提携のドレスショップ以外でレンタルする場合、持ち込み料金は必要なのか(それはいくらか)
  • 【提携のドレスショップに確認】追加料金がかかるドレスはあるのか
  • 【提携外ショップに確認】持ち込み料分の割引はあるのか

気になるドレスがあれば見積もりをとってしっかり比較することがポイントです。
正確に見積もりを取ると、「意外と予算内…!」ということもあります。

試着料の要否を事前に確認すること

試着が有料のショップもあります。

  • 試着・見学は予約制ではないか
  • 試着が有料ではないか
  • 試着の枚数に制限はないか(「1人2着まで」など)

予約制ではないドレスショップでも連絡してからいくほうがスムーズなので、その際に聞いてみましょう。

写真撮影の可否を事前に確認すること

試着はOKだけど、写真はダメ!というドレスショップもあります。
写真撮影がダメなショップの場合は、ひとりでは行かず、家族や婚約者と行くのがオススメ。
客観的に見てもらえます。

家に帰ってから、もう1回考えること

雑誌などでひとめぼれしたドレスでも、着てみたらイメージと違う…なんてこともあります。
もちろん「気に入ったドレス」であることが一番ですが、似合うドレスを着たいのであれば、あとから写真を見比べたほうが冷静に判断でき。

相性のいいスタッフのいるお店を選ぶこと

素敵なドレスが見つかっても、お直しが必要になることもあれば、プロの意見(このドレスは光が当たるとこう見えるなど)を聞きたくなることもあります。

スタッフとの相性が悪いと、大事なことを聞けなかったり、当日大丈夫なのかな?と不安になったりします。

挙式前は何かと心配事が多いので、ストレスは少しでも減らしておきたいところ。
どうしてもこのスタッフとは合わないな、と思ったら、そのドレスを扱っている他のショップを探すのもひとつの方法です。

心から気に入ったドレスを選ぼう!

心から気に入ったドレスを選ぼう!

一生思い出に残る素敵な瞬間にするためにも、最高のドレスでその日を迎えたいですよね。
あなたの結婚式を成功させたい気持ちは、提携のドレスショップであっても提携外のドレスショップであっても同じです。
心配事は何でも質問して、運命の一着に巡り合ってください。

関連記事
お問合せ