2019-07-25

ウェディングドレスは購入?レンタル?それぞれのメリットとデメリット

ウェディングドレスは購入?レンタル?

名古屋市東区代官町のウエディングドレスショップ「サロンドクチュールナカムラ」です。
この度はご結婚おめでとうございます。

お気に入りのドレスは、もう見つかりましたか?
それとも、まだお悩み中でしょうか。

さて、ウェディングドレスはレンタルが多数派ですが、実は購入で準備される方も約1割いらっしゃいます。
選ぶドレスによってはレンタルと変わらない、あるいはより安く済むこともあるので、提携のドレスショップ以外からの持ち込みを考えているなら検討の余地がありますよ。

レンタル・オーダーともに扱うドレスショップだからこそわかる、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。
購入については、オーダーから既製品、中古品までそのパターンも網羅してご紹介します。

レンタルと購入どちらが人気?費用は?

ウェディングドレスレンタルと購入どちらが人気?費用は?
ウェディングドレスは8割以上の方がレンタルを選ばれています。

理由は、「レンタルの方が安いから」ではありません。
実は費用についてはそんなに違いがないのです。

  • レンタルの平均額:約21万円
  • 購入の平均額:約23万円

ではなぜ、レンタルのほうが圧倒的に人気なのでしょう?
また、なぜレンタルでも購入でも費用に差がないのでしょう?
それぞれのメリット・デメリットを理解すれば、その理由も見えてきます。

やっぱりお手軽!レンタルのメリット・デメリット

やっぱりお手軽!レンタルのメリット・デメリット

圧倒的にレンタルが多い理由は、「結婚式場が提携のレンタルショップを新郎新婦に紹介するから」です。
ホテルにマージン(仲介料)が入る仕組みがあるためですが、新郎新婦もショップ探しの手間が省けますし、結婚式当日まで負担がないようスムーズに取り計らってもらえます。

もちろん提携のドレスショップ以外でレンタルしたドレスを持ち込む方もいらっしゃいますが、レンタルの比率が高いのはやはり式場の紹介によるものといえるでしょう。

メリット

  • 式場の提携のドレスショップで借りれば、搬入・返却のストレスがない
  • 購入では手が届かない高級ブランドドレスも選べる
  • クリーニングや保管の手間がいらない

デメリット

  • 気に入ったデザインが見つからない場合がある
  • 人気のドレスは予約で埋まっていることがある
  • 海外式・ガーデン式不可のドレスがある(ショップによる)

こだわり派に人気!購入のメリット・デメリット

こだわり派に人気!購入のメリット・デメリット

最初から「ウェディングドレスはオーダーメイド!」と決めている方もいらっしゃいますが、式場の提携のドレスショップでお気に入りが見つからなかった段階で検討される方も多いです。

後者の方は、提携のドレスショップ以外でのレンタルか購入かを比較して考えてみてください。

メリット

  • 新品を着ることができる
  • 何度も着ることができる(前撮り・結婚式・二次会など)
  • レンタル期間を考えなくてもいい

デメリット

  • 小物を購入しないといけない可能性がある
  • 結婚式の後、ドレスをクリーニングする必要がある
  • ドレスを保管する場所が必要になる

購入方法による価格の相場とメリット・デメリットを、以下にまとめました。

既製品の購入

価格:3万円~(ネットショップ)、5万円~(実店舗)

かなり格安ですが、お値段相応の製品も多く、海外で縫製され、そのままノーチェックで届くような粗悪品も出回っているようです。

また、既製品で注意したいのがサイズ直しです。
ネットショップの場合はお直しができないことが多いですし、実店舗でも購入時の1回限りやオプション料金がかかることがあります。

メリット

  • 安い

デメリット

  • きちんとしたサイズ直しができないことも多い
  • 生地が安っぽいことがある
  • 縫製が粗いことがある

オーダーメイド(フルオーダー)

価格:20万円~

自分好みのドレスをデザインしてもらえる「オーダーメイド」です。
素材から装飾まですべて選ぶことができ、こだわり派の方に人気です。

メリット

  • 世界に1着の自分だけのドレスを着られる
  • 体型にフィットするドレスを作ってもらえる

デメリット

  • こだわればこだわるほど高額になる
  • 日数がかかる

オーダーメイド(セミオーダー)

価格:10万円~

フルオーダーとは異なり、決められたデザインの中から自分のサイズに合わせたドレスを作ってもらえる「セミオーダー」です。

全体に細身だけどバストが大きい、上は9号で下は11号など、レンタルや既製品のサイズ直しではしっくりこないという方にも人気です。
多少のデザイン変更は受け付けてくれるドレスショップも多いですよ。

メリット

  • 体型にフィットするドレスを作ってもらえる
  • 比較的リーズナブルに作れる

デメリット

  • デザイン変更をした場合は日数がかかる

なぜレンタルとより安い値段でオーダーできるの?

「セミオーダーが最安10万円からなら、レンタルの平均20万円は高すぎない?」と思われたかもしれません。しかし、それには理由があります。

レンタル用のドレスは何度もクリーニングして何人も使うため、丈夫で高級な生地が使われています。さらに、保管・ドレス専用クリーニング・お直し等すべて含まれているため、購入するのと同じくらいの価格帯になるのです。

フリマアプリ・ネットオークション等での中古品の購入

素人保管の中古品でも構わないという方なら、フリマアプリやネットオークションという手もあります。
格安で高品質なドレスを手に入れるチャンスがありますが、安いとは言っても1万円以上はするものが多いです。
画像と説明文でしか判断できないため、海外の格安既製品と同様のリスクがあります。

メリット

  • 安い
  • 掘り出し物が見つかる可能性がある

デメリット

  • 破損・汚れがあることがある
  • サイズ直しができない
  • クリーニング代(約8000円~)が別途かかることがある

購入したドレスのその後は…!?

使用したあとのウェディングドレスは、その後どうなるのでしょうか?

  • 専門業者に買い取ってもらう
  • フリマアプリ・ネットオークションに出品する
  • リメイクする(赤ちゃんのセレモニードレス・お宮参り用など)
  • 将来の子どものためにとっておく
  • 思い出のためにとっておく

など、さまざまでした。

思い入れのあるドレスですから大事に保管されている方が多いようです。

まとめ

レンタルにも購入にもメリットがあり、予算や着る回数によってどちらがオススメかは異なります。
ただ、どちらの場合でも、大切なのは「あなたがどのドレスを着たいか」ということです。
あなたの思い描くウェディングドレスを選ぶお手伝いができれば幸いです。

関連記事
お問合せ