2018-11-26

結婚式の衣装持込み料金って一体何のために払うのか?

名古屋市東区代官町39-22太洋ビル5Fにありますウエディングドレスショップ
サロンドクチュールナカムラです。

今日は、結婚式のことでよく耳にする持込み料金のことについてお話をします。

まず持込みとは?

司会者、ヘアメイク、カメラマン、衣装全般(洋装や和装その他)や
ご自身で準備をした物品全般(ブーケや装飾その他)など
ご自身で用意をして会場に持って行くことを言います。

これからお話することは重要なことですので
分かりやすく説明をしたいと思います。

皆さんは結婚すると決まったらまずは何をしますか?
そうです。まずは結婚式場選びから始めますよね。

ネットや雑誌で探したりゼクシィフェスタのイベントに行ったりなど。
その時って毎日が本当に充実して楽しいんですよね。

ここからが本題です。

まず、大前提として結婚式場を選ぶ時はその式場が
持込みOKかどうか?を調べる必要がありまあす。

持込みがNGだった場合は意味がありませんからね。
大手結婚式場の中にはすべての持込みがNGの場合があるので注意が必要です。

オーダードレスとレンタルタキシード

なぜ?結婚式場は持込み料金をお客様に払わせるんでしょう。

冷静に冷静に考えてみると、
お客はこっちだし結婚式場のお金も払ってるんだから
何を持っていこうがこっちの勝手だし自由じゃないの?って思う方も
実際にはいらっしゃるかと思います。

ほとんどの結婚式場はウエディングドレスショップと業務提携をしています。
立場的に弱い(集客に弱い)ウエディングドレスショップは
結婚式場に保証金を払う代わりにお客様を紹介してもらっているんです。

立場的に強い(集客に強い)結婚式場は業務提携を一社に限らず
何社も契約をするため保証金がウエディングドレスショップから入ってきます。

お客様の立場からすると結婚式場が決まったら
色んなドレスショップに回りたいですよね?
ですから、結婚式場は何社もドレスショップと業務提携をするんです。

結婚式場の担当プランナーから必ずこんな言葉を耳にする日が訪れます。

提携店を何社かご紹介しますので、そちらで契約をして下さいね。」

結婚式場もウエディングドレスショップと業務提携をしている以上は、
お客様をウエディングドレスショップへ送客(ご案内)する必要があります。

通常の流れですと紹介されたドレスショップをいくつか回って
気に入った衣装があればそこで成約をする流れになるんですが、、、

例えば衣装が高かったり気に入った衣装が
まったく無かった場合は皆さんどうしますか?

紹介されたドレスショップでは気に入らなかった訳ですから
当然、ネットや雑誌で調べて衣装を探しますよね?
そうなった場合は、結婚式場に衣装を持込むことになります。

結婚式場からすると提携店で衣装を決めてもらった方が都合はいいんです。
なぜか?実は提携店で成約をした場合はウエディングドレスショップから
衣装代金の4割~5割バックマージンが結婚式場に入る契約(仕組み)なんです。

だから担当プランナーは必ず提携店のみお客様にご案内してるんです。
実はこれが大きなカラクリなんです。

ということは、提携外(他店)で衣装を探されると
提携店からのバックマージンが結婚式場に入らなくなりますよね?

その結果、バックマージン相当にあたる分を「持込み料金」という形にして
お客様に払わせているということなんです!

ここまで聞いてしまったら普通は払いたくないですよね。
結婚式場の都合で本来は払わなくてもいいお金を払うなんて馬鹿らしいです。

では、ここで持込み料金の回避術を書こうと思います。
今から書くことはあくまでも交渉についてのお話ですので
担当プランナーに話してみる価値はあります。

交渉することによって持込み料金を回避できる
ケースがありますので必ず交渉はして下さいね。

オーダードレスとレンタルタキシード

回避術 その①
提携店をせっかく紹介して頂いたんですけど、どうしても気に入った衣装がなくて
両親にも強く反対されています。自分で探して自己責任で持込みますので
持込み料金は掛かりませんよね?

この言い方のポイントは、どうしても気に入った衣装がなくて両親にも
強く反対されているという点です。親の名前が出てくると結婚式場側は
なるべくクレームに繋がらないように穏便にことを済ませたいものです。

回避術 その②
両親が結婚祝いでドレスとタキシードをオーダーしてくれるんです。
大切な両親からのプレゼントだからそれを結婚式で着ます。
自分の物なので持込み料金は掛かりませんよね?

この言い方のポイントは、大切な両親からのプレゼントという点です。
さすがに両親からのプレゼントに結婚式場側も断る訳にはいきませんよね。

余談ですが、仮にそれがオーダーした衣装ではなくて
レンタルした衣装だったとしても気付く人は誰もいません。

結婚式場のスタッフがそのことに気づいたとしてもお客様に対して
「このドレスはオーダーメイドした物ではないですよね?」と言ったような
お客様に対して不快に思わせるような発言は絶対にありません。

持込みをする上で一番大切なポイントは
自己責任ですべてやりますとはっきりと伝えることです!

サロンドクチュールナカムラでは結婚式場で持込み料金が
発生した場合は持込み料金の全額負担サービスをしております。

衣装以外のことでもブライダルに関する事であればすべてお受けできます。
困ったことや悩みがあったら是非、一度お問合せ下さい。

サロン ド クチュール ナカムラ (Salon de couture Nakamura)
〒461-0002 愛知県名古屋市東区代官町39−22 太洋ビル5階
TEL/052-228-9582
格安 レンタル/名古屋/ウェディングドレス  

 

関連記事
お問合せ