2019-08-19

レンタルドレスの返却方法|クリーニングは?返却方法は?

レンタルドレスの返却方法|クリーニングは?返却方法は?

 

名古屋市東区代官町のウエディングドレスショップ「サロンドクチュールナカムラ」です。
この度はご結婚おめでとうございます。

ドレスをレンタルした場合、「どうやって返すのかな?返却時にクリーニングしたほうがいいのかな?」など、気になることがたくさんありますよね。

あとから不安にならないためにも、返却方法と「もしもドレスを汚してしまったらどうなるのか」を知っておくと安心です。

この記事では、返却方法とそのポイント、クリーニングやドレスを汚してしまったときの対応についてまとめました。

返却方法

ドレスから着替えた後は、ハンガーに吊るし、小物(アクセサリーやシューズなど)の紛失がないかを先に確認しておきましょう。

式場に取りに来てくれる場合

式場にドレスを取りに来てくれる場合は、ドレスをハンガーに掛けたあと、汚れないがないかチェックをします。

また、小物を使い終わったあとは1箇所にまとめて置いておくようにし、失くさないように気をつけましょう。

式場提携外のドレスショップから借りた場合、週明けの平日の引き取りになることが多いです。
立ち会う必要はありませんので、式場のスタッフに伝えておきましょう。

自分で返却する場合

式場にドレスを納品してもらった方でも、その後二次会でも利用された場合などは、ご自身で直接ドレスショップに返却します。

ご自身でドレスショップまで行くことができない方や、遠方のドレスショップを利用した方は、宅配便で返却します。

どちらの場合でも、汚れがないか、小物の紛失はないかをチェックし、なるべく早めに返却するようにしましょう。

宅配便を利用する際の注意点

宅配便でドレスが届いた場合は、届いたときの箱と、中に入っていた返却用の伝票を使い返送します。
※届いたときの箱・袋などは捨てないでそのまま返却時に利用できるように保管しておきます

ドレスショップによっては、伝票がなく元払いで返送しないといけない場合もあります。
その際は手元に控えが残る発送方法で、補償が付いたものを利用するようにしましょう。

ドレスを受け取るときに宅配便を利用しなかった方は、ドレスショップに、

  • 配送方法(梱包の仕方)
  • 配送料金(着払い・元払い)
  • 宅配業者の指定

などを先に確認しておきましょう。

返却期限について

ドレスの返却が遅れると、延滞料金がかかるのはもちろんですが、次に借りる予定にしている方にも迷惑がかかります。

また、返却日とは、ドレスを宅配業者に出す日ではなく、「ドレスがドレスショップに到着する日で、なおかつドレスショップの営業時間内」を指します。

宅配便を利用する場合は特に気をつけましょう。
連休やサミットなどがあると、宅配便の日時指定がいつもより遅れることもあります。

「遅れるかもしれない!」とわかったときは、なるべく早めにドレスショップに連絡するようにしてくださいね。

クリーニングは必要?

返す前に自分でクリーニングに出す必要はありませんが、代金や汚してしまった場合の対応についてご説明します。

クリーニング代金について

ドレスショップでは、ドレスがレンタルから返ってきたあと、クリーニングに出しています。

その際のクリーニング代は、ドレス代に含まれていることが多いですが、ショップによっては別途料金という形で請求するところもあるようなので、必ず最初に確認しておきましょう。

自己判断のクリーニングやシミ抜きはNG!

「着ている間は気付かなかったのに、小さなシミができていた!」
「ワインをこぼしてしまった!」
そんなときでも、クリーニングは不要です。
特に「ホームクリーニング」は絶対にNGです。

ウェディングドレスは、「ドレス専門のクリーニング業者」がいるくらい、とても繊細な生地で作られています。
そのため、「別途料金かかかるのも困るし、少し濡らして自分でシミ抜きししておこう」というのはとても危険です。
生地をダメにしてしまう可能性のほうが大きく、場合によっては「破損」と判断されることもあるからです。

クリーニングで落ちる汚れで別途請求するドレス業者は稀ですのできちんと報告し、相談してくださいね。

破損や紛失の場合は?

少々の食べこぼしや、小さなシミ程度の通常のクリーニングで落ちる汚れではなく、一目でわかるような破損や、小物等を失くしてしまった場合はどうすればよいのでしょうか?

破損について

キャンドルの火で生地が溶けたり焦げ跡が付いてしまった場合や、ドレスの裾を踏まれてドレスが破れてしまった場合なども、すぐにドレスショップに連絡するようにしましょう。

その素敵なドレスに予約が入っている可能性もあります。
修繕の手配は早いほうがよいので、返却日より早めに知らせるほうが親切です。

料金については、汚れや破損の程度によりますが、弁償・修理費を請求されることもあります。
追加請求費用については、できるだけ契約する前に規約を確認しておきましょう。

失くしてしまった場合

イヤリングなどの小さな小物や、シューズを失くされる方が多いようです。
失くしてしまった場合は、弁償となります。

その場合も、次に使いたいと思っている方がいらっしゃるかもしれませんので、紛失に気が付いた時点で、すぐにドレスショップに連絡するようにしましょう。

ブライダル保険・補償制度

汚れや紛失が心配な方、特にガーデン式や海外など屋外でドレスを着る方に人気なのが、ブライダル保険です。

レンタルドレスだけでなく、式場の備品を破損した場合や、突然のアクシデントで結婚式の日程を変更しないといけなくなった場合のキャンセル料など、幅広く補償されるものもあります。

但し、海外ウェディングの場合はある程度の汚れを見越して値段設定されていることがあります。
「ビーチでひどい泥汚れがついたらどうなりますか?」など、具体的に確認してから保険加入を判断するほうがよいでしょう。

まとめ

過失でドレスを汚してしまうことは、そう珍しいことではありません。
そのため、「ドレスを汚しただけで結婚式が台無し!」なんてことがないよう、式場もドレスショップも体制を整えています。

まずは規約をよく確認し、わからないことはスタッフに聞いておきましょう。
心配な方は保険を利用するのもオススメです。

また、ドレスの返送も難しくありません。
やっと見つけたお気に入りのドレスで過ごす素敵な時間を楽しめるように、しっかりポイントを押さえておきましょう。

関連記事
お問合せ