和装には白無垢、色打ち掛け、引き振り袖があります。どれも正式な衣装なので、結婚式ではどれを着ても問題は有りません。お色直しは本来、純白で嫁入りしてから、相手の家の色に染まったという意味で色のついたものを着るというものなので、白無垢から色打ち掛けにお色直しするケースが多いようです。

白無垢
打ち掛け、掛け下、帯、小物、下着など、すべてを白で統一した花嫁のための和装です。神前式の時は白無垢を着るのが一般的で、娘の白無垢姿を見たいという両親も多いです。

色打ち掛け
白以外の鮮やかな色を使った打ち掛け。色は赤、緑、黒が多く、金箔を使った刺繍で華やかさが有ります。お色直しで着ることが多いですが、正式な衣装なので結婚式で着てもいいでしょう。

引き振り袖
裾を引きずるタイプの振袖。古来、武家の婚礼で用いられ最も高貴な色とされていた黒の引き振り袖を着るのが一般的で、そのシックな雰囲気が大人の女性の間で徐々に人気を集めています。

絹帽子(わたぼうし) 
婚礼の儀式が終わるまで、新郎以外に顔を見せないという意味でかぶる真綿でできた帽子。式の時につけて、披露宴では外すのが一般的です。

角隠し(つのかくし) 
髪をおおう帯状の布で、角を隠して夫に仕えるという意味が有ります。これも披露宴では外すのが正式ですが、最近は披露宴でもつけるケースが有ります。

笄(こうがい) 
髪にさすかんざしのことで、種類は様々です。結婚式と披露宴ではつけ替えるのが一般的で、披露宴の時はより豪華なかんざしをつけるのもいいでしょう。

紙ばさみ 
胸元にはさむワンポイントアクセントで、もともとは懐紙をはさむためのものです。

はこせこ 
紙ばさみのかわりに、刺繍と房がついたはこせこをはさむ事も有ります。

懐剣(かいけん) 
布袋に入った短剣を帯にさします。もともと打ち掛けは武家の婚礼衣装だったので、自分の身を守る象徴としてつけられています。

抱帯(かかえおび) 
帯の下の方で結ぶ細い紐です。

末広(すえひろ) 
祝い事によく使われる末広がりの形をした扇子。新郎新婦ともに持ちますが扇子を広げる事は有りません。

草履(ぞうり) 
白無垢の場合は白で合わせることが多いですが、金や銀のものを履くときも有ります。かかとが高いものだと、より華やかな印象になり全体のバランスやスタイルも良くなります。

戻る